お取引きの際の確認に関するお願い

お取引きの際の確認の変更について

福井銀行では「犯罪による収益の移転防止に関する法律(犯罪収益移転防止法)」に基づき、お取引きの際の確認をさせていただいております。同法の改正により、平成28年10月1日より、以下の通り、お取り扱いが変更となりますので、ご理解ご協力をお願いいたします。

【主な変更点】

  1. 健康保険証等、顔写真の無い本人確認書類をご提示いただいた場合、他の本人確認資料のご提示が必要となります。
  2. 法人のお取引きのためにご来店される方の確認について、社員証などによる在籍確認が出来なくなります。委任状等により法人のお客さまのためにお取引きを行っていることの確認をさせていただきます。
  3. 法人の実質的支配者の定義が変更となったため、以前に確認させていただいたお客さまにもあらためて確認させていただきます。
  4. 外国政府等において重要な公的地位にある方については、追加の本人確認書類のご提示等をお願いさせていただきます。

お取引きの際に確認が必要な取引

次のお取引きの際に確認をさせていただいております。

  1. 口座開設、貸金庫、保護預りなどのお取引きを開始されるとき
  2. 200万円を超える大口現金取引(入金・払出等)をされるとき
  3. 10万円を超える現金による振込(電話料金など公共料金の収納を含みます)をされるとき(ATMでは10万円を超える現金でのお振込はできません)
  4. 融資取引をされるとき

これらのお取引き以外にもお取引きの際の確認をさせていただくことがありますので、ご協力をおねがいいたします。

お客さまへの確認事項および提示していただく書類

  個人のお客さまの場合
(個人事業主のお客さまも含みます)
法人のお客さまの場合
ご確認させていただく事項 公的な書類
  • 氏名
  • 住所
  • 生年月日
  • 名称
  • 本店または主たる事務所の所在地
  • 事業内容
ご申告
  • 職業
  • 取引を行う目的
  • 取引を行う目的
  • 議決権の25%超を直接または間接に保有するなど、法人のお客さまを実質的に支配する個人の方(実質的支配者)の氏名・住所・生年月日
    ※公的な書類で確認させていただく場合がございます。

お手続きをされる方(ご来店される方)
※お取引きの名義人となる方と異なる場合

公的な書類など
  • 氏名
  • 住所
  • 生年月日
  • お取引きの名義人となる方との関係やお取引きの名義人となる方のために取引を行っていること
※上記を確認させていただく書類は「個人のお客さまの場合」のご提示していただく本人確認書類をご参照ください。
ご提示していただく
本人確認書類
  • 運転免許証
  • 旅券(パスポート)
  • 個人番号カード
  • 各種健康保険証・各種年金手帳
  • 各種福祉手帳
  • 在留カード など
  • 登記事項証明書(登記簿謄本・抄本を含む)
  • 印鑑登録証明書 など
ご留意いただきたい事項
  • 過去に確認させていただいたお客さまについても、お取引きを行う目的や職業等を確認させていただく場合があります。
  • 特定の国に居住・所在している方とのお取引き等をされる場合は、過去に確認させていただいたお客さまについても、上記事項の再確認をお願いすることがあります。(その際は複数の本人確認書類のご提示をお願いする場合があります。)
  • お客さまに資産・収入の状況を確認させていただく場合があります。
  • 上記事項の確認ができないときは、お取引きができない場合があります。
    なお、上記事項を偽ること、他人になりすましての口座開設や口座売買等は、「犯罪による収益の移転防止に関する法律」により禁じられております。
  • ご不明な点については窓口にお問い合わせください。

上記の本人確認以外に、預金の不正な引出しを防止し、お客さまの大切なご預金をお守りするために、次のような場合にも、ご本人さまや代理人さまの本人確認をお願いすることがあります。

  • 普段、お取引きされている金額より大きい金額をお引出しまたはご解約される場合
  • お引出しの際、ご来店された方と通帳・証書などのお名前や性別・年齢が異なる場合
  • 普段ご利用いただいている店舗と異なる店舗をご利用される場合など

なお、代理人さまによるお取引きの場合は、お電話・訪問等により、直接ご本人さまの意思確認を行わせていただく場合もありますので、何とぞご理解ご協力をお願いいたします。

以上



ページの先頭へ戻る