投資信託

将来に備えた資産運用、<ふくぎん>ではじめませんか?
インターネット投資信託
ファンド一覧(基準価額) NISA(少額投資非課税制度)

投資信託の主なリスク

投資信託の主なリスク(基準価額の変動要因)について

価格変動リスク 値動きのある資産(株式・債券・不動産)に投資するため、運用の成果によって基準価額が変動し、投資元本を割り込むことがあるリスクです。
一般に株価は発行企業の業績や政治・経済情勢、市場の需給等を反映して変動し、債券の価格は金利水準の変化に応じて変動します。不動産の価格はテナントの賃料や入居率の変化等による不動産資産価値の変化、市場の需給等の変化によって変動します。
金利変動リスク 金利の変動によって、債券価格が変動するリスクです。
金利 債券価格 基準価額
上昇
低下
為替変動リスク 為替相場の変動によって、外貨建資産を円に換算した場合、資産価値が変動するリスクです。
為替 資産価値 基準価額
円高
円安
信用リスク 債券や株式、不動産投資信託(REIT)の発行体の信用状況によって値動きするリスクです。
流動性リスク 市場規模や取引量が少ない債券や株式、不動産投資信託(REIT)を売却したい時に、市場実勢で期待される価格より低い価格で売却しなければならない、あるいは売却できないリスクです。
カントリーリスク 投資対象国の政治経済、社会情勢の変化により資産価値が影響を受けるリスクです。
派生商品リスク ファンドにて活用している各種派生商品(先物取引、オプション取引、各種スワップ取引等)の価格が、その基礎となる資産、利率、指数等の変動以上の値動きをすることがあるために、基準価額が大きく下落することがあるリスクです。
派生商品は、各種リスクのヘッジ目的として利用されるほか、運用の効率を高めたり超過収益を得るための手段として用いられる場合もあります。

投資信託に関するご留意事項

商品についてのご相談

  • 電話で相談する
    0120-291-552 サービス番号/2 1
    ※音声に従ってサービス番号を入力してください。

    受付時間/平日 9:00~17:00
    (銀行休業日を除く)
  • お店で相談する
    店舗のご案内
  • WEBから相談する
    お問い合わせフォーム


ページの先頭へ戻る