女性活躍推進法に基づく行動計画

女性活躍推進法に基づく行動計画

 女性が管理職として活躍できる雇用環境の整備を行うため、次のように行動計画を策定する。

1.計画期間

平成28年4月1日 ~ 平成33年3月31日(5年間)

2.当行の課題

管理職全体における女性の割合が低位にある。

※女性管理職比率4.5%(平成27年4月現在)
※当行における女性管理職(管監職・代理職、非役席含む)比率12.7%(平成27年4月現在)

3.目標

管理職(課長級以上)に占める女性割合を10%以上にする。

※当行基準における管理職(管監職・代理職、非役席含む)に占める女性割合を30%以上にする。

4.取組内容と実施時期

取組1:キャリアアップ意識を高める活動を実施する。
平成28年4月~
①管理職に求められる役割に応じたキャリアプランを作成する。
②面談・アンケートを実施し、キャリアプランを明示し上位職を目指す意識醸成に繋げる。
平成28年7月~
③キャリアハンドブックを全職員に配布し、「働きがいのある職場づくり」を考え、自己実現・自己成長に繋げていく。
取組2:キャリアアップ集合研修を実施する。
平成28年4月~
①研修プログラムを検討する。
平成28年7月~
②インターバルにて研修を実施する。
取組3:OJTが可能な店舗に配置し、現場での人財育成を図る。
平成28年6月~
①女性管理職人財育成の為の人事異動・配置を実施する。
平成28年10月~
②ロールモデルとなる女性社員との交流会を実施する。
平成28年10月~
③対象となる女性職員へのきめ細かなヒアリング、定期的なフォローアップを実施する。


ページの先頭へ戻る