ライフステージサポート 子育て・教育

子どもが成人するまでには多くのお金が必要になります。
お子さまの将来のために計画的に準備をしましょう。

子どもの教育資金ってどうやって準備すればいい?
子どもには健やかに育ってほしい ケガや病気が心配だわ

子どもの教育資金ってどうやって準備すればいい?

子どもの教育資金っていくら必要なのかな?
お子さまの教育資金は1,000万円以上必要といわれています。
幼稚園から大学卒業までにかかる教育資金
そんなにかかるの!?どうやって準備すればいい?
教育資金は、次の5つのステップを踏んで考えていきましょう。
ステップ
1
希望する進路に必要な教育資金は? ①  万円
ステップ
2
現在準備できている教育資金は?
(銀行預金・学資保険等)
②  万円
ステップ
3
今後準備できる教育資金は?
(銀行預金・祖父母からの援助等)
③  万円
ステップ
4
必要な教育資金に対して、足りない額は? ①-②-③=
    万円
ステップ
5
足りない教育資金の準備方法を考える
私たちはこれだけ足りないのね。
足りない教育資金が分かったので、準備方法を考えましょう。
まずは、お子さまが小さくて貯められる時期からコツコツお積立てをしましょう。
積立定期預金
つみたて倶楽部
ジュニアNISA
家族が増えた時は、家計・保険を見直す良いタイミングです。ほけんプラザで保険の見直しをしませんか。たくさんのお客さまからお喜びの声をいただいています。
ほけんプラザ
準備はしていくけれど、足りなかったらどうしよう。
足りない資金は教育ローンでカバーしましょう。利用しやすいカードローン型もご用意しています。
教育ローン
かわいい子どものためにも、頑張って準備していきたいわね。

ページの先頭へ戻る

子どもには健やかに育ってほしい。ケガや病気が心配。

子どもには健やかに育ってほしい。ケガや病気が心配。
お子さまの未来を守るために準備してあげられる保険があります。
医療保険
がん保険
合わせて、家族の保障も一緒に考えてみませんか。ご家族みなさまの保障を考えるお手伝いができます。
ほけんプラザ
安心して子育てができるわ。
その他ご相談は福井銀行窓口までお問い合わせください。

商品についてのご相談

  • 電話で相談する
    0120-291-552 サービス番号/2 1
    ※音声に従ってサービス番号を入力してください。

    受付時間/平日 9:00~17:00
    (銀行休業日を除く)
  • お店で相談する
    店舗のご案内


ページの先頭へ戻る