ニュースリリース

株式会社地域経済活性化支援機構との『ふくい観光活性化ファンド』の設立と福井県小浜市と株式会社地域経済活性化支援機構との『包括的連携協定』の締結について

平成27年8月5日

 株式会社福井銀行(頭取 林 正博)は、株式会社地域経済活性化支援機構(以下「機構」という。)と、「ふくい観光活性化投資事業有限責任組合(ふくい観光活性化ファンド)」を、株式会社福井キャピタル&コンサルティングおよびREVICキャピタル株式会社を無限責任組合員として設立しました。また、同時に同ファンドのパイロット地域である福井県小浜市、「機構」との間で「観光を軸とした地域活性化」に関する包括的連携協定を締結しましたのでお知らせします。

  1. 協定の目的、概要  福井銀行は、パイロット地域及び福井県内において、目玉観光資源の強化を図り、観光消費額の増大を図ることを目指しています。そのために、機構との連携により、本ファンドを通じて、リスクマネーの供給及び専門家によるハンズオン支援を行います。
     また、目玉観光施設の強化策としては、小浜市最大の魅力でもある豊かな水産資源や加工品、漁業体験や海のアクティビティを利用することを検討しております。
     本ファンドを通じて、小浜市と周辺連携も視野に入れた観光特性を最大限に生かした「観光周遊活性化モデル」を実現することで成功要因を抽出し、地域の経済・雇用を支える観光産業の発展を図るべく、本モデルの福井県全体への展開を目指してまいります。
  2. 協定締結日  平成27年8月5日(水)
  3. ファンド概要
    名称 ふくい観光活性化投資事業有限責任組合
    設立時ファンド金額 300百万円
    設立日 平成27年8月5日
    設立時組合員構成 (株)福井銀行
    (株)地域経済活性化支援機構
    (株)福井キャピタル&コンサルティング
    REVICキャピタル(株)
    存続期間 約7年間
    業務運営者 REVICキャピタル(株)、(株) 福井キャピタル&コンサルティング
  4. ご参考 ※「株式会社地域経済活性化支援機構」の概要
    会社名 株式会社地域経済活性化支援機構(略称 REVIC)
    所在地 東京都千代田区大手町1丁目6番1号大手町ビル9階
    主な業務 地域経済活性化事業活動支援業務、事業再生支援業務等
    資本金 260億8,480万円
    株主構成 預金保険機構等
    設立日 平成21年10月14日
    (平成25年3月18日に「(株)企業再生支援機構」より商号変更)
    ※「REVICキャピタル株式会社」の概要
    会社名 REVICキャピタル株式会社
    所在地 東京都千代田区大手町1丁目6番1号大手町ビル9階
    主な業務 投資事業有限責任組合の無限責任組合員としての業務
    上記業務に附帯する業務等
    資本金 約1億円
    株主構成 機構100%
    設立日 平成25年6月28日
    ※「株式会社福井キャピタル&コンサルティング」の概要
    会社名 株式会社福井キャピタル&コンサルティング(略称 福井C&C)
    所在地 福井市照手1丁目2番17号
    主な業務 1.投資事業有限責任組合の運営(GP機能)
    2.経営コンサルティング
    3.その他付帯または関連する業務
    資本金 50,000千円
    株主構成 株式会社福井銀行95% 株式会社福銀リース5%
    設立日 平成27年7月1日
    ※「ふくい観光活性化ファンド」スキーム図

掲載されている情報は、発表日時点でのものであり、その後予告なしに変更となる場合がございます。また、予測不能の事態の発生や各種環境の変化等により、実際の結果が記載内容と異なる場合もございます。あらかじめご了承ください。



ページの先頭へ戻る