ニュースリリース

大野市と「包括的地域連携に関する協定」締結について

平成27年7月29日

 株式会社福井銀行(頭取 林 正博)は、相互の人的・知的資源の活用を図り、協働して事業を展開することにより、「まち・ひと・しごと」の創生と地域経済の持続的好循環の確立に向けた取組みを戦略的に推し進めることを目的に、大野市と「包括的地域連携に関する協定」を締結しましたのでお知らせいたします。

  1. 協定の目的、概要  福井銀行は、新中期経営計画「Create Chance Create Future」(平成27年4月策定)において、金融サービスの提供を通じた、地域における持続的雇用の増加を目指し、地域産業やコミュニティへの取組みをさらに強化しているところです。
     大野市の発展のため、相互の人的・知的資源の活用を図り、協働して事業を展開することにより、「まち・ひと・しごと」の創生と地域経済の持続的好循環の確立に向けた取組みを戦略的に推し進めることを目的に、特に次の事項について大野市と連携して取り組んでいきます。
    • (1)地域産業の振興に関すること
    • (2)企業誘致の推進と新たな産業の育成に関すること
    • (3)まちづくりと定住化に関すること
    • (4)その他地域振興に関すること
  2. 協定締結日 平成27年7月29日(水)
  3. 出席者 大野市長 岡田 高大
    福井銀行 代表執行役頭取 林 正博  ほか
    調印式の様子

掲載されている情報は、発表日時点でのものであり、その後予告なしに変更となる場合がございます。また、予測不能の事態の発生や各種環境の変化等により、実際の結果が記載内容と異なる場合もございます。あらかじめご了承ください。



ページの先頭へ戻る