ニュースリリース

第2回ふくい地域プラットフォームの開催について

平成29年1月11日

 株式会社福井銀行(頭取 林 正博)は、内閣府、財務省北陸財務局、株式会社日本政策投資銀行及び株式会社日本経済研究所とともに、官民連携によるまちづくり・地域活性化について考える「第2回ふくい地域プラットフォーム」を開催しますのでお知らせいたします。
 ふくい地域プラットフォームは、福井県内の地方公共団体、地域金融機関、民間事業者等の参画を得ながら、地域において「効率的かつ効果的な公的施設等の整備や、高速交通開通に伴う各事業のより円滑な実施などに向けて、戦略的にPPP/PFI(注)を活用すること」、「PPP/PFIに係るノウハウの共有や官民対話を行う基礎を構築すること」、「PPP/PFIの活用推進を通じた民間における新たな事業機会の創出や民間投資の喚起等による地域活性化の実現」などを目指し、内閣府、財務省北陸財務局、日本政策投資銀行等との協働により開催するものです。
 第2回目となる今回は、PPP/PFI事業で必要となる官民対話や導入に向けた実務等についてセミナー及びワークショップ(模擬的な官民対話)で理解を深めることを目指しています。

日時 平成29年1月25日(水)14:00~17:00(受付開始13:30)
場所 福銀センタービル4階研修室
福井市順化1-3-3
内容 ※内容については変更となる場合があります
第1部
(1)「PPP/PFI事業における官民対話の必要性」
株式会社日本経済研究所
(2) 「福井市におけるPPP/PFI導入基本方針の策定及び案件具体化の可能性について」
福井市
第2部
ワークショップ
具体的な案件(施設)へのPPP/PFI導入を想定し、事業内容・手法に係るアイデアや当該事業を通じて地域活性化を図るアイデアを出し合うなど、グループでのディスカッション及びディスカッションを踏まえた提案等を実施
対象者 福井県内の地方公共団体、地域金融機関、民間事業者等
参加費 無料
募集方法 お申込専用サイト内の申込みフォームから、1月18日(水)までにお申込みください。
主催 内閣府、財務省北陸財務局、株式会社日本政策投資銀行、株式会社日本経済研究所、株式会社福井銀行
後援 福井県、福井市をはじめ県内の地方公共団体

(注)
PPP(Public Private Partnership:パブリック・プライベート・パートナーシップ)とは、行政主体による公共サービスを、行政と多様な構成主体との連携により提供していく新たな考え方。民間委託、PFI、指定管理者制度、民営化、地域共同、産学公連携等を含めた公民連携手法の総称。
PFI(Private Finance Initiative:プライベート・ファイナンス・イニシアティブ)とは、公共施設等の建設、維持管理、運営等を民間の資金、経営能力及び技術的能力を活用して行う新しい手法。

掲載されている情報は、発表日時点でのものであり、その後予告なしに変更となる場合がございます。また、予測不能の事態の発生や各種環境の変化等により、実際の結果が記載内容と異なる場合もございます。あらかじめご了承ください。