お知らせ

預金等規定集および外貨預金規定集の各種規定の内容変更について

平成25年8月19日より以下のとおり預金等規定集および外貨預金規定集の各種規定について内容変更を行いましたのでお知らせいたします。

 

~変更の概要~

 
  1. 定期性預金および外貨預金のお取引店以外の店舗でのお支払を一部を除き可能とするよう以下の規定を変更しました。
    • (1)福銀総合口座規定 第2条第2項
    • (2)自由金利型定期預金(M型)規定(スーパー定期規定) 第5条
    • (3)変動金利定期預金規定 第5条
    • (4)おまとめ積立定期預金規定 第9条
    • (5)財産形成預金・財形住宅預金規定 第6条
    • (6)外貨普通預金規定 第1条、第9条第1項
    • (7)外貨定期預金規定 第6条第1項、第2項
    【変更内容の概要】
    財産形成預金、財形住宅預金および財形年金預金の解約、財形住宅預金の支払ならびに非居住者円預金の支払および解約を除き、法人・個人を問わず当行本支店のどこの店舗でもお支払を可能とすること。
  2. 一定期間残高の無い定期性預金の口座閉鎖を行うことについて以下の規定に追加しました。
    • (1)定期預金共通規定 第4条
    • (2)財産形成預金・財形住宅預金規定 第10条
    【追加内容の概要】
    通帳式定期預金、おまとめ積立定期預金および財産形成預金について、残高0円の期間が当行所定の条件に達した場合、口座を閉鎖すること。
  3. 預金保険事故発生時に想定される処理に関する内容を以下の規定に追加しました。
    • (1)預金等共通規定 第8条第3項第1号
    • (2)貯蓄預金規定 第7条第2項
    【追加内容の概要】
    預金保険事故発生時に預金と借入金をお客さまから相殺する場合の相殺通知の方法に、当行所定の用紙に記名押印して提出いただく方法を追加すること。
    預金保険事故発生後、貯蓄預金の預金保険の非付保部分の残高は利息計算の対象から除外すること。
 

以上



ページの先頭へ戻る