財産保全信託

こんな方におすすめです!
  • 高齢で振り込め詐欺にあってしまわないか心配している。
  • もしも認知症や高度障害になって判断能力が低下した後の、自分の財産管理に不安がある。
  • 円滑な財産承継のために、自分の思いを確実なかたちに遺しておきたい。

3つの安心機能

しくみ図(イメージ)

しくみ図(イメージ)

追加メニュー

  • お客さまに対し、信託契約であらかじめ定められた金額の定期給付を行うことができます。
  • お客さまのご相続発生時、お客さまの信託契約上の地位(委託者兼受益者・指図権者としての地位等)を信託契約であらかじめ定めた承継人さま(1名さま)に引き継ぐこともできます。
  • お客さまのご相続発生時、信託契約で定めた葬儀費用などのすぐに必要なご資金を相続手続きを経ずに受益者代理人の方へお支払いすることができます。

商品概要

商品名 FPG信託の財産保全信託
最低受託額 3,000万円
管理方法 指図権者の指図に基づき、決済用普通預金にてあらかじめ定められた方法で管理します。
信託期間 信託設定日より信託の終了事由に該当するまで。
信託財産の計算期間、報告 期間1年、信託財産状況報告書を原則1年に1回お客さまに交付します。
信託設定報酬(税抜)

信託財産額に対して以下の料率で算定した報酬金額を申し受けます。

5,000万円以下の部分
:3.0%
5,000万円を超え1億円以下の部分
:2.0%
1億円を超え2億円以下の部分
:1.6%
2億円を超え3億円以下の部分
:1.2%
3億円を超える部分
:0.8%

追加信託の場合は、当初の信託財産額に追加の信託財産額を累計して、上記の算定基準により計算した報酬金額との差額を申し受けます。
定期給付を行う場合は、信託設定報酬に30,000円(税抜)を加算いたします。

期中信託報酬(税抜) 36,000円(年間)
支払い時の事務手数料 支払い1回ごとに3,000円(税抜)の事務手数料を頂きます。
お客さまのご相続発生時の
事務手数料
信託契約に定められた受取人さまへ信託財産を換金後に所定の手続きを経て、指定された銀行口座に振込みます。その際に事務手数料として受取人さまごとに10万円(税抜)を頂きます。あらかじめ信託契約に定めることにより、お客さまの信託契約上の地位を承継人さまにそのまま引き継ぎ信託契約を継続させることができます。その際に事務手数料として、10万円(税抜)を頂きます。
その他費用等 その他、信託事務に必要な費用等は信託財産からお支払いします。
中途解約 可能です。その時は中途解約手数料10万円(税抜)を頂きます。
信託の終了事由 信託財産が減少し契約維持が不能となった場合。お客さまがお亡くなりになった場合(あらかじめ信託契約にお客さまの信託契約上の承継人さまを定めた場合には当該承継人さまがお亡くなりになった場合)。反社会的勢力であることが判明した場合等。

商品についてのご相談

電話で相談する

0120-291-552

サービス番号/ 2 1

  • 音声に従ってサービス番号を入力してください。

受付時間/平日9:00~17:00
(銀行休業日を除く)

窓口で相談する