コンプライアンスの基本方針

福井銀行グループは、次の5つの原則を「法令等遵守方針」と定め、全役職員が着実に実践します。

1. 自己コントロール能力向上の原則

全役職員は、銀行の社会的責任と公共的使命の重みを常に認識して行動するとともに、私企業としての利益追求も高い次元で両立させることにより経営の健全性を確保し、利用者から社会的・経済的信頼を確立するために自己コントロール及び自己判断能力を高めます。

2. 情報開示の原則

福井銀行グループは株主、顧客に対して経営情報を積極的かつ公正に開示するとともに、株主、顧客が合理的な判断に必要な情報を適時・適切に伝えます。

3. 透明で適正な意思決定の原則

業務執行にあたり権限を有する全役職員は、協議・合議により情実や恣意を排した透明で適正な意思決定を行います。
また、意思決定のプロセスについては正確に記録・保存します。

4. お客さま本位の営業の原則

全役職員は、お客さまのニーズを的確に把握して、あくまでお客さま自身に判断していただくための十分な説明を行い、決して不適当な勧誘は行いません。
また、お客さまとの間で知り得た情報を厳重に管理し、決して第三者に対して洩らしません。

5. 反社会的勢力との断固対決の原則

反社会的勢力の行動に関する情報を統括部署に一元化し、組織的に断固として対決する姿勢を貫きます。

以上



ページの先頭へ戻る