福井銀行のサステナビリティ

地域産業の育成・発展と
地域に暮らす人々の豊かな生活の実現

福井銀行グループ
サステナビリティ基本方針

福井銀行グループは、持続可能な地域社会の実現に向け、
気候変動等の環境問題など地域社会を取り巻くさまざまな課題解決に誠実かつ公正に取り組み、
社会価値・経済価値・企業価値の向上を目指してまいります。

4つの方針

主な取組み

サステナビリティの考え方

気候関連財務情報開示タスクフォース(TCFD)への対応

近年、気候変動に起因する社会変化への対応が国際的にも重要視される中、当行は2021年9月に「気候関連財務情報開示タスクフォース(TCFD)」提言※1に賛同いたしました。
引き続き、気候変動に関する対応強化を図るとともに、TCFD宣言をふまえた気候関連のリスク・機会に関する情報開示を充実してまいります。

※1「気候関連財務情報開示タスクフォース(TCFD)」提言
2015年12月、金融安定理事会(FSB)は、G20財務大臣および中央銀行総裁の意向を受け、「気侯関連財務情報開示タスクフォース(TCFD:Task Force on Climate-related Financial Disclosures)」を設立。2017年6月、企業による自主的な開示を促すための提言をまとめた最終報告書を公表。提言は、金融セクターだけを対象としたものではなく、全ての企業が対象。

具体的な取組み