セカンドライフ

セカンドライフ

退職後は大切な人と楽しいセカンドライフを過ごしたい。ただ、収入が減るなどの心配事はつきもの。ゆとりあるセカンドライフの実現に向けて準備をしましょう。

「セカンドライフ」に関するこんなお悩み・ご希望はございませんか?

老後の生活資金は
どのくらい必要?

ご夫婦で老後の生活を送るための資金としては、毎月約27万円が必要だとされています。

60歳で退職した後、
セカンドライフを送るには…
(男性の平均余命を考慮して試算)

夫婦2人で約7,452万円必要!
60歳で退職した後、セカンドライフを送るには…(男性の平均余命を考慮して試算)

公的年金だけで大丈夫?

公的年金だけで大丈夫?

出典:厚生労働省「平成24年簡易生命表の概況」、総務省統計局「平成28年家計調査報告(家計収支編)」

公的年金だけでは足りない資金を
どのように準備するかが
ポイントですね。

セカンドライフはまだ先だけど、
今からコツコツ準備したい

これまで蓄えてきた大切な
金融資産を運用して増やすことも
1つの方法です。

福井銀行ではお客さまの現状や考え方、将来像などしっかりお話をお聞きした上で、お客さまに合ったライフプランをご提案いたします。お近くの福井銀行までお気軽にご相談ください。

退職金を受け取ったんだけど、
これからどうしよう?

年金請求書が届いたんだけど、
どうしたらいい?

年金請求書が届いたら、必要事項を記入し、必要書類とともに「年金事務所」へ提出することで請求手続きが完了します。ご自身で請求しなければ、年金を受け取ることができません。複雑なお手続きにお困りのお客さまも多い公的年金のお受け取り、福井銀行でお手伝いをさせていただきます。

年金を新たに福井銀行でお受け取りになられる方、年金を福井銀行でお受け取りいただいている方に、ささやかな誕生日プレゼント付きの特別金利の定期預金をご用意しています。

大切な家族にお金を渡したい!

近年、裁判所への相続関係の相談が増えています。
大切な資産の相続は、ご家族やお孫さまへの想いとともに進めていきたいですね。

遺産分割にかかる係争(家事審判・調停)の
新受件数の推移

遺産分割にかかる係争(家事審判・調停)の新受件数の推移のグラフ

出所:裁判所「司法統計年報(家事事件編)新受件数―全家庭裁判所」平成24年度※件数は調停と審判の合計

相続をスムーズに進めるための
大切な3つのポイントをチェック!

もっとくわしく知りたい方へ

同居の長男には少し多めにお金を残したいな・・・

お金に名前をつけておくことはできませんが、生命保険ならお金に名前をつけて残すことができます。さらに、相続税の非課税枠がありますので、相続税対策にも役立ちます。

生命保険の相続税非課税枠

死亡保険金を受け取った場合は、基礎控除とは別に節税効果が得られます。

500万円×法定相続人の数

  • 契約者(保険料負担者)と被保険者が同一で、死亡保険金受取人が法定相続人の場合
  • 本ページは平成29年度税制改正に基づいて作成しており、今後変更される可能性があります。

かわいい孫にも何かしてあげたい・・・

ジュニアNISAを利用する方法があります。あらかじめ資産を移転(生前贈与)しておくことで相続財産を減らし、相続税負担を軽減できる可能性があります。

商品についてのご相談

電話で相談する

0120-291-552

サービス番号/ 2 1

  • 音声に従ってサービス番号を入力してください。

受付時間/平日9:00~17:00
(銀行休業日を除く)

窓口で相談する