金融経済教育

福井銀行では、次世代を担う子どもたちが、将来、責任ある社会の構成員となるために、金融や経済の仕組みを学ぶことが重要であると考え、CSR(企業の社会的責任)への取組みの一環として幅広い年代に対して金融経済教育に関する支援を行っております。

福井県金融広報委員会と連携して、暮らしに身近な金融経済教育を提供しております。

取組みについて

お金や金融のはたらきを理解し、自分の暮らしや社会について考えていただく機会を提供しております。また、店舗から行員が近隣の学校で出張授業をするなど、地域のみなさまとの関わりを深めております。

金融経済教育のご紹介

お金の大切さや仕組みについて知識をつけられます。また、そのお金を扱っている銀行のお仕事についても知ることができ、実際に体験することもできます。

銀行見学会・職業体験の様子

金融経済教育の開催実績

2018年度 <上期> <下期>
小・中学生 8校(8回) 122名 12校(12回) 162名
高校生 5校(5回) 439名 6校(6回) 497名
2017年度 <上期> <下期>
小・中学生 5校(9回) 122名 9校(7回) 141名
高校生 5校(9回) 798名 8校(10回) 406名