住宅ローン はじめの一歩
資金計画をたてる

住宅ローン はじめの一歩 「お金を借りること」が不安なあなたにはじめてのローン、資金計画のイロハをやさしく解説!

マイホームは大きなお買いもの。「自己資金(頭金)はいくら必要なのか」「住宅ローンの返済額がいくらになるのか」など、お客さまのライフステージに合わせて無理のない資金計画を立てることが大切です。

物件だけじゃない!
マイホームのお値段

気に入った物件が見つかったら、ローンの計画…
その前に、物件購入以外にも必要なお金があることをお忘れなく。マイホーム購入に必要なお金の全体像を把握しましょう。

マイホーム購入資金は
自己資金(頭金)と住宅ローンを組み合わせて
用意するのが一般的です。

どのくらい用意すればいいの?
「自己資金(頭金)」

一般的に自己資金(頭金)の目安は、物件価格の2割程度と言われています。
ただし、実際には諸費用(およそ物件価格の7%~10%)がかかるため、25%以上の自己資金(頭金)を準備しておくのが、より安全な資金計画の基本と言えるでしょう。

「毎月の返済額」から
資金計画をたてる

住宅ローンを利用する場合、「毎月の返済額」から無理なく返済できる金額を出してみると、住宅購入の計画も立てやすくなります。

<例>お借入金額の目安
【金利年0.65%の場合(2年固定・元利均等返済)】

毎月返済額
約5万円 約7万円 約10万円
お借入期間 20年 約1,100万円 約1,600万円 約2,300万円
25年 約1,400万円 約1,900万円 約2,800万円
30年 約1,600万円 約2,300万円 約3,300万円
35年 約1,900万円 約2,600万円 約3,800万円

ボーナス返済

ボーナス返済を併用すれば、毎月の返済負担を軽くすることができますが、ボーナスは景気や企業業績によって変動する可能性が高いので、あまり負担額を大きくしない方が良いとされています。なお、福井銀行の住宅ローンではお借入金額の40%が上限となります。

年齢や家族構成から「お借入期間」を考える

お借入期間は、年齢、年収、家族構成・状況などの変化を考慮し決める必要があります。
お借入期間の設定によって、毎月の返済額や総支払額が変わっていきますので、家計収入・支出状況から適切なお借入期間を設定することが大切です。
家計の変化があっても安心してご返済できるように、ライフプランを考慮した資金計画を立てましょう。

ご相談・資料請求はこちら

電話で相談する

0120-291-552

サービス番号/ 3 2

  • 音声に従ってサービス番号を入力してください。

受付時間/平日10:00~18:00・土日祝10:00~17:00
(12月31日~1月3日および5月3日~5月5日を除く)